• 創業120年、金箔のことならかなざわカタニイメージ1
  • 創業120年、金箔のことならかなざわカタニイメージ2
  • 創業120年、金箔のことならかなざわカタニイメージ3
  • 創業120年、金箔のことならかなざわカタニイメージ4

カタニは金沢の金箔メーカーとして
百年以上の伝統を持ち
「金箔」「銀箔」「金箔切廻し」など
貴金属箔・粉に関わる
あらゆるものを取り扱っております

  • 金箔貼り体験
  • オンラインショッピング
  • お知らせ Information
  • おすすめ商品 Featured Products

スペシャルSpecial

金のこと、箔のこと、カタニのことなど、
皆様にお届けしたい耳よりな
情報をまとめました。
特に、専門知識を要する箔の取り扱い
ノウハウは必見です!

トピックスtopics

  • ■金箔のカタニ。

    金沢の金箔(金沢箔)製造が、明治以降その生産の独占的な地位を確立した理由として、金銀の有する伸展力のぎりぎりまで金箔をのばす職人の技術と、この地の気候・水質の良さをあげることができます。現在では全国生産高の内、金箔は99%以上、その素材の上澄と銀箔・洋箔においては実に100%が金沢産のものです。(詳しい製造方法や歴史はスペシャルの中に記載。)

    カタニは金沢の金箔メーカーとして120年の伝統を持ち、「金箔」「銀箔」「金箔切廻し」「金粉」をはじめ、各種の貴金属箔の製造・販売はもちろん、お酒や食品に使われる「金箔切廻し」「食品用金箔 華ふぶき」など・・・・・貴金属箔・粉に関わるものを取り扱っております。

  • 金箔とは・・・

    ■金箔とは・・・
    金箔は、金を主体にした銀・銅の合金を極限まで薄くのばしたものです。工芸・装飾・食用・美容用など、さまざまな用途に使用されています。金箔・金上澄は合金比率の違いによってさまざまな色目があります。

    ●金箔の厚み:
    約1万分の1~2ミリ 約0.1〜0.2ミクロン
    ●金上澄の厚み:
    約1千分の1~2ミリ 約1〜2ミクロン
    ※手工芸のため、厚みムラがあります。

    ■金箔の色とは・・・
    5毛色→1号色→2号色→3号色→4号色→3歩色の順で、赤味→黄緑っぽく見えます。 (一般的に4号色が金箔の色としてよく使われています。)

     

    ■金箔の用途は・・・
    装飾としては、古来より神社・仏閣・美術工芸の分野では多く使われてきたことは周知の通りですが、近年では建材・インテリアなど身の回りの装飾にも活用されております。また金箔は、食品・添加物として厚生労働省の基準に準拠しており、食品専用の金箔製造も進み、お酒・料理・お菓子などにも使われています。弊社「華ふぶき」は長きに渡って食品業界にご愛顧いただいている食用金箔のブランド品になっています。加えて、エステ用金箔・黄金フェイスマスクなど、美容関係の分野にも人気があります。このように金箔は、近年、様々な分野の用途に活用されているのです。

     

    ■切り廻しとは・・・
    ●四角い金箔を細かく切り崩してフレーク状になったものを「切廻し(きりまわし)」と呼びます。 工芸用の他、食用によく使われます。金粉とよく間違われますが、切廻しは「粉末」ではありません。 粉末状の金は黄土色になるため、黄金の輝きはありません。 これに対し、切廻しは3ミリ、5ミリなどの小片にくずしたものですので、金箔の豪華な輝きは保たれています。 工芸美術、食品、お酒に使っても美しい金色に輝きを放ちます。

    ■金箔の配合率・・・

    ●金箔24k
    純金99.9%・純銀0.00% ・純銅0.00%

     

    ●金箔5毛色
    純金98.91%・純銀0.49%・純銅0.59%

     

    ●金箔1号色
    純金97.66%・純銀1.35%・純銅0.97%

     

    ●金箔2号色
    純金96.72%・純銀2.60%・純銅0.67%

     

    ●金箔3号色
    純金95.79%・純銀3.53%・純銅0.67%

     

    ●金箔4号色
    純金94.43%・純銀4.90%・純銅0.66%

     

    ●金箔3歩色
    純金5.53%・純銀24.46%・純銅0.00%

     

    ●金箔定色
    純金58.01%・純銀41.99%・純銅0.00%

     

    ●プラチナ箔
    純プラチナ100%

     

    ●銀箔
    純銀100%

  • 食用金箔とは・・・

    ■食用金箔とは・・・
    カタニでは、工芸用とは別に、食べることに特化した製造工程・衛生管理で、食用金箔を作っています。

    特に「華ふぶき」は食品専用に作った純度の高い金箔で、長年に渡り、食品業界・お酒の業界で使われ続けている実績のある商品です。従来、一般的に工芸用の金箔を食品用にも使う場合が少なからず見受けられましたが、弊社では「工芸用金箔」と「食品用金箔」の工程を完全に分けて安全面・衛生面を考慮した製品作りを常に心がけています。

    食用金箔は、少量でも見栄えがします!

     

    ほんの少量で見映えがしますので、金箔ひとつまみで料理やお菓子を豪華に印象付けることができます。また従来商品のグレードアップが簡単にできますので企業様の製品作りにもお役立てください。華ふぶき自体は「無味・無臭」ですので食材本来の味のじゃまをしません。

     

    金箔・銀箔は食品添加物・製剤として厚生労働省に認可されています。

    ※食品添加物:食品衛生法施行規則(厚生労働省76号平成10年9月18日改)に定める科学的合成品以外の食品添加物としても使用可能

     

    ■華ふぶきのタイプは2種類。箔タイプと切り廻しタイプ。

     

    ・四角い「箔」タイプ・・・通常は109×109ミリサイズの金箔です。ソフトクリームに巻いたり、料理にかぶせたりします。

    ・「切り廻し」タイプ・・・金箔を細かく崩し、フレーク状にしたものでふりかけるタイプです。お酒、お茶、ケーキなどに。

     

    用途に合わせてお選び下さい。

     

     

    ■食用金箔「華ふぶき」の特徴

     

    華ふぶきが、食品業界で長年使われているのには理由があります。
    ・オブラートや可食フィルムなどは一切使用していません。金箔は無味・無臭です。また、0.1ミクロンの超薄箔でふわっとしており固さはほとんどありません。よって、料理に使っても、お酒に使っても、食材本来の持ち味をそのまま生かし、じゃまをしません。

    ・一般的な金箔(4号色)より金の含有率が高い。
    ・一般的な金箔と違い銅が入っていない。
    >成分及び含有量参照のこと。
    ・金箔 → 切り廻しの製造工程に一貫性があり、より厳しい品質管理を行っています。
    ・食用専用の合金、専用の打紙作りから、製品になるまでの工程全てにおいて、他の金箔とは別工程で製造管理を行っています。

     

     

    ■華ふぶきの内容成分・含有量

     

    一般的な金箔と違い、金と銀だけで作られており銅が入っていない。
    「華ふぶき」の成分 = 金:96.18% 銀:3.81% 銅:0%

    金・銀は、厚生労働省から食品添加物(既存添加物)の着色料及び製造溶剤として正式に認可されています。
    ※既存添加物=安全性が高い。
    ※銅も安全な食品添加物ではありますが、指定添加物であり摂取量に制限が設けられています。

     

     

    ■品質管理

    食品に使用することに特化して作られていますので、安心してお使い頂けるよう、生産工程を吟味しています。
    金銀材料の調達〜製造、加工、選別、包装に至るまで、細心の注意を払って品質管理を行っています。
    他の金箔とは別の製造工程で作られ、管理されています。


    ■食用金箔「華ふぶき」で最高のゴージャスな演出を!!!
    バレンタインデーの手作りチョコレート、誕生日のケーキ、晴れの日のお料理、めでたい酒の席、などなど、、、
    華ふぶきのを使う場面はたくさんあります。
    ご家庭での使用はもちろん、お店のメニューをより豪華にすることもできますし、新商品の開発にも一役買います。 

    ほんの少しの金箔で、一気に華やかになります。

    華ふぶきを使って、おもてなしをしてみませんか!?

     

     

    →※ご購入は、ショッピングをご利用下さい。

top