スペシャル special

あぶらとり紙の材料へのこだわり。

あぶらとり紙の材料へのこだわり。

■高級天然和紙使用。

かなざわカタニのあぶらとり紙は基本的に「和紙」を使った「金箔打紙製法」です。和紙はもともと洋紙に比べて繊維が長く密度が高いため皮脂をよく吸収します。金箔メーカーしかできない「金箔打紙製法」加工によってさら吸脂力がアップします!!
●みつまた和紙、●麻和紙、●雁皮和紙などを使い分け、和紙ごとの特徴を活かした商品作りをしています。
3つの和紙を紹介します。

----------------------------------------------

■雁皮(がんぴ)和紙


国産最高級の和紙で、質の良さから和紙の王様と呼ばれます。長く丈夫な繊維を持ち、強度があることから純金箔の打ち紙には雁皮和紙が用いられます。数千万回もの打圧を重ねた打ち紙は「ふるや紙」として再利用されます。(金箔の副産物なので金箔メーカーにしか作れません。)雁皮のあぶらとり紙は繊維の長さから、薄くても抜群の吸脂力を発揮します。吸脂力は数あるあぶらとり紙の中でも別格中の別格!まさにあぶらとり紙の王様です。また、栽培の難しさから高級和紙として年々貴重さを増しています。

●雁皮和紙あぶらとり紙:「ふるや」   

----------------------------------------------

■三椏(みつまた)和紙

非常にしなやかで、且つ丈夫な繊維を持つ高級和紙です。雁皮が和紙の王様なら、みつまたは女王といった所でしょうか。その特徴から昔から紙幣や証紙などに使われています。例えば紙幣の透かしは、薄さと丈夫さが求められるため、みつまた和紙が使われるのです。和紙のあぶらとり紙といえば、固い紙質と思われがちですが、みつまたを使用することで、とてもやわらかな肌ざわりの上品なあぶらとり紙に仕上がります。お肌の弱い方に是非お試しいただきたいあぶらとり紙です。

●三椏和紙あぶらとり紙:「吉野」

 

 ----------------------------------------------

■麻(あさ)和紙

麻和紙は、天然繊維の中で最も涼しい繊維と言われます。

麻和紙の特徴として、
●通気性が良い。
●繊維が強く、汗ばんでも肌にべたつかない。
●水分の吸収、発散が早く耐水性がある。
などが挙げられます。高温・多湿な季節に最適な素材と言えるでしょう。

大型多年草で、比較的栽培が容易なことから色々な用途に使われ、あぶらとり紙として最もポピュラーで非常に優れた素材です。市場で最も多く使われているのが、このタイプでしょう。

 

●極上あぶらとり紙

●うさぎあぶらとり紙

●てかりちゃんあぶらとり紙

●金沢のあぶらとり紙

 

★以上のような和紙を金箔打紙製法により、最高級のあぶらとり紙製品に仕上げていきます。

top