かなざわカタニTOPへ かなざわカタニ 金箔貼り体験 サイトマップ NEWS メルマガ 会社案内 お問い合せ カタニ産業株式会社
ショッピング 金箔 案内 金箔 各種 食用 金箔 金箔グッズ 金箔 豆知識 金箔貼り講座 金箔FAQ
あぶらとり紙 案内 あぶらとり紙 各種 あぶらとり紙 打紙 オリジナル制作 化粧雑貨 プレゼント あぶらとり紙FAQ

各種金箔貼り材料




おすすめ!■金箔用接着剤 

趣味の工芸〜プロの用途まで、色んな所で使われている金箔専用接着剤の定番です!

金箔用接着剤 古来、金箔を貼るには本うるし等が使われますが、
使い方がむずかしかったり、かぶれたり・・・と、
使用にはある程度熟練が必要です。

その点、これは人工うるし接着剤で、
本うるしに比べてはるかに使いやすい接着剤です。
これならかぶれません!

接着剤の液の色は茶色です。


希釈剤(うすめ液)には市販のテレピン油が推奨。又はホームセンターにあるような一般的なシンナーでも、簡単にうすめることが出来ます。 「兼六箔」を貼るのにも最適です。
■金箔用接着剤 チューブ入り/50g
※紙や吸い込みの激しい木材に使用する時は、表面にZブラックが残るように 吸い込みを止める前処理が必要。
※金箔貼りのこつ、テクニック教えます!>金箔貼り講座
動画で見る。

ご購入数が多い場合はロット・数量によって価格を検討しますのでご相談下さい。
一般ユーザー様ご購入はこちらから→ 
金箔商品ショッピング



■金箔用接着剤 ハクがつく

少量タイプの金箔専用接着剤です!

金箔用接着剤ハクがつく 内容物は上と同じ。
少量タイプです。趣味の金箔貼りならこの量でも十分。

箔貼りセットに入っている物と同じです。
希釈剤(うすめ液)には市販のテレピン油が推奨。
又はホームセンターにあるような一般的なシンナーでも、簡単にうすめることが出来ます。
上記、「兼六箔」を貼るのにも最適です。
■金箔用接着剤 ハクがつく チューブ入り/10g
※紙や吸い込みの激しい木材に使用する時は、表面に接着剤が残るように吸い込みを止める前処理が必要です。
※金箔貼りのこつ、テクニック教えます!>金箔貼り講座
動画で見る。

ご購入数が多い場合はロット・数量によって価格を検討しますのでご相談下さい。
一般ユーザー様ご購入はこちらから→ 
金箔商品ショッピング









■金箔貼り下地塗料(箔下液)黄色(業務用)

黄色の下地塗料

金箔貼り下地塗料 箔下液
金箔貼り下地塗料 箔下液 黄色
こんな黄色です。
特徴
プロ仕様・黄色の下地塗料。そのままでは吸い込みがあり接着剤が塗布できない木材などの目止め、下地作りに重宝します。完全に目止めをした後は接着剤のつきも良く、金箔貼りの仕上がりもきれいです。
凹凸のある部材は金箔が貼りにくいので、下地塗装処理をしてから箔押しします。

上記ハイゴールドと同様の用途でワンランク下の商品。

素地を完全に目止めさせる為に2〜3度繰り返し塗り、完全に乾燥させてから接着剤をご使用下さい。

■薄めて使う場合、市販のシンナーをご利用できます。
■容量150g

この商品のお問い合わせはコチラまで
TEL 076-263-6111 金箔担当 馳

下地
↑例:木彫り このままでは接着剤を塗布しても染み込んでしまい金箔を貼れません。

↓下地塗料を塗ると目止めされ、液体が染み込まなくなり、金箔を貼ることが可能になります。
さらに表面がつるつるになるので金箔に光沢が生まれます。また、貼り残しがあっても黄色い
ので目立ちにくくなります。(これは黄色ですが、ハイゴールドはこれの金色版とお考え下さい。)
この上からですと光沢、艶のある金箔貼りが可能です。

下地2

ご購入数が多い場合はロット・数量によって価格を検討しますのでご相談下さい。
一般ユーザー様ご購入はこちらから→ 金箔商品ショッピング



 

このページトップへ

サイトトップへ ショッピングのトップへ

金箔 | 金箔製品案内 | 金箔各種 | 食用金箔 | 金箔GOODS | 金箔豆知識 | 金箔加工 | FAQ | 金箔貼り講座 | 体験/ショップ情報
あぶらとり紙 | 紙の特徴 | 紙各種 | 打紙製法 | 化粧雑貨 | プレゼント | オリジナル | FAQ
金箔の老舗かなざわカタニ

本サイト 掲載の記事・写真・画像等の無断転載を禁じます。Copyright Katani Sangyo Co.,ltd. All rights reserved. 
かなざわカタニ■〒920-0910 金沢市下新町6-33
TEL 076-263-6111■FAX 076-222-3433■TEL 076-231-1566(ショップ直通)